2018年有馬記念感想と2019年の競馬について

有馬記念は結果だけ見ました。特に何も感動もクソもありませんでした。みんなが思い思いに馬券を買っているのを見ると熱くなれていいなと思います。

自分もかつてはそうでした。競馬の予想をして、馬券を買っては一喜一憂をして、の繰り返しでした。今年はあまり競馬に熱が入らない1年でした。

たまに馬券は買いましたが、それでも全盛期に比べれば本当に馬券の購入金額が少なくなりました。

控除率に限界を感じていることと、無気力になっていることが大きな原因だと思います。

 

向井さんのブログの中に「競馬は賭ける前から勝負が決まっている。年収1000万円の人の3000円と無職の3000円では重みが違う。」といった旨のことが書いてありました。

あ~競馬の予想以前に収入で負けているんだな。ということがわかったので、2019年は収入を増やすために色々頑張ります。

またウォーターモーリスのような好きな馬が出てくれば、競馬に夢中になる日がくるかもしれませんが。

前みたいに競馬にハマったときにはみなさん、競馬を教えてください。おねがいします。

それではおやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です