ハンド反省2:KKでは相手のハンドレンジを絞る

プリフロップハンド:KqKk

HU(私)2.5BBオープン
BTN CALL
BB CALL

フロップ 5h4s4h

フラッシュも見えそうで、フルハウスも見えそうだ、相手が4や5を持っていたら嫌なボード。

私 ポットの2/3をbet
BTN CALL
BB CALL

反省点1:ここでBTNとBBが何を持っていてコールしたのかをもっと考える必要があった。この2CALLの時点でだいぶ強いアクション、KKは4や55に負けている。

ターン 5h4s4h 9q

私 ポットの2/3をbet
BTN call
BB all in
私 call
BTN call

反省点2:バリューがないのにも関わらず打ってしまった。BTNにもBBにもついてこられた。オールインをコールしてはいけなかった。BTNまでついてきている時点で最悪のプレイだ。そして、最悪なプレイに最悪を重ねるのが次のプレイだ。

リバー 5h4s4h9q Qq

私 all in
BTN call
私 KK
BTN 55(ポット獲得)
BB 77

私がやるべきだったことは、プリフロップでコールにとどめておくことだった。自分からポットに大量にチップを投げ入れてしまった為に、降りることができなくなった。結果的にBTNの55の餌食になってしまった。KKやAAを持って浮かれてしまい相手に最大限のバリューを出させてしまった。特にターンのall inにはベタ降りが正解だったと思う。

タイトルとURLをコピーしました